無料で阿波踊りを楽しむ方法

無料で阿波踊りを楽しむ方法

桟敷で見るだけが阿波踊りじゃないっ

阿波踊りを観に行くなら、桟敷(さじき)席を取った方がいいのですが、阿波踊りが見れるのは桟敷席だけではありません。

 

場所によっては、18:00より前から阿波踊りを見ることが出来ます。

 

桟敷は時間制なので、第1部の18:00〜20:00と、第2部の20:30〜22:30を両方とも桟敷で過ごしてしまっては勿体ないです。

 

徳島県民ならでは、お勧めポイントをご紹介します。

「両国橋前」には無料の桟敷席がある。

有料の桟敷席以外では、以下の地図にある、両国橋前で無料の桟敷席が解放されます。

 

無料で阿波踊りを楽しむ方法

 

こちらは、完全に自由席なので、遅い時間に行くと座席は空いていないです。
絶対に席をとるのであれば、17時より前から席を確保する必要があります。

 

こちらの桟敷席は、踊り手と距離が近いので、踊り手の熱を身近に感じることができます。

 

そして、ここの桟敷席は無料ですが、有名連も多く訪れるので、退屈するようなことはないでしょう。

 

私のお勧めとしては、第2部で有料の桟敷席を取り、最初はこの無料桟敷席で踊りを楽しむのが良いと思います。

 

東新町アーケード街で楽しむ

こちらは桟敷席ではありませんが、各連がこの東新町アーケード街を通る際によく、流し踊りをします。

 

その流し踊りを見物するのも、阿波踊りの醍醐味です。

 

有名連はあまり踊らないかもしれませんが、レベルの高い連も踊っていることが多々あります。
(有名連だと桟敷席を次から次に踊り継ぐので、あまり流し踊りをしません)

 

以下、マップに東新町アーケード街があります。

 

ちなみに、別の記事でも紹介させて頂いていますが、阿波踊りの始まる18:00以前でもこちらで流し踊りを見ることができます。
屋根付きのアーケード街なので、昼間から阿波踊りの雰囲気を楽しむのであれば、取り合わずここに行ってみましょう。

 

無料で阿波踊りを楽しむ方法

その他楽しみ方

有名連を追っかけてみる

この連の踊りがもっと見たいと思ったのであれば、その連の後をつけてみるのも面白いです。

 

連を追っかける場合は、以下のような提灯を上に掲げているので、それを目印に追いかけてみて下さい。
桟敷席の始まりや、終わりの位置では、立ち見の人たちがたくさんいますので、そこで待ち構える。というやり方です。

 

無料で阿波踊りを楽しむ方法

 

道路で流し踊りをやっているのを見る

阿波踊り期間中ですと、道路が歩行者天国となっているので、そこらじゅうで流し踊りを見ることができます。
私の知りうる限り、以下の徳島駅えと続く大道路でよく流し踊りを見ることができます。

 

無料で阿波踊りを楽しむ方法

最後に

阿波踊りは、桟敷席だけではなく、是非徳島市内を歩き回ってみて下さい。

 

阿波踊りで包まれる町の雰囲気を楽しんで下さい。

 

阿波踊りの音がする方へ向かえば、どこかしこで阿波踊りを見ることができます。
それこそが阿波踊りの楽しみ方の真骨頂だと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 阿波踊りを知る 阿波踊り鑑賞時の注意点 お得な情報 昼間の徳島の楽しみ方