阿波踊りっていつやるの?雨や台風の時は?

阿波踊りっていつやるの?雨や台風の時は?

阿波踊りっていつやるの?

例年、阿波踊りは8月12日〜8月15日の4日間、巡業します。
時間は、18:00〜22:30の間行われます。

演舞場は、17:30より開放されますが、時間制となっているので、
18:00〜20:00の第1部と、20:30〜22:30の第2部のどちらかを選ぶことになります。

ちなみにですが、公式にはこの時間が発表されていますが、
「流し踊り」として、徳島市内の各場所で、踊り手達の練習を見ることもできます。

例えば東新町アーケード街に行くと、18:00より前の時間から阿波踊りをたまたま見かけることもできます。
(アーケード街なので、屋根があり、暑くても練習しやすい場所なのです)

阿波踊りの始まりまで待ちきれないなんて人は、是非徳島市内を歩き回ってみて下さい。

色々な場所で、踊り手達の練習を見ることができますよ。

雨や台風の時はどうなるの?

私の覚えている限り、多少の雨では阿波踊りは中止になったりしません。

 

よほどの悪天候や台風が来たときは中止になりますが、
私も小さい時、大雨の中踊っていた記憶があります。

 

なぜなら、踊り手達は、この4日間の為に、本当に必死に練習してきます。
多少の雨では、徳島県民の阿波踊りへの情熱を消すことはできないのです。

 

こんな話があります。
戦時中の話になりますが、徳島市も、アメリカ軍の大空襲を受けて焼野原となっていました。
そんな中でも、徳島県民は阿波踊りの時期になると阿波踊りを踊っていたそうです。
足に怪我を負いながらも踊っていたそうです。

 

そんな県民性ですので、多少の雨では中止になったりしないです。

 

ちなみに荒天で中止になった時、東新町のアーケード街の屋根の下で大集合して踊っていたことがあるそうです。

 

どこまで阿波踊りが好きなんでしょうね。笑


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 阿波踊りを知る 阿波踊り鑑賞時の注意点 お得な情報 昼間の徳島の楽しみ方