宿不足にご注意

宿不足にご注意

徳島は宿が少ない。

宿不足にご注意
毎年、阿波踊り期間である、8月12日〜8月14日の間は、徳島市内ではまず宿の予約が取れません。
(試しに今、3月初旬の半年前に宿を探しましたがヒット数は0です。)

 

これは徳島県の抱える問題と言われています。

 

肝心の阿波踊りの時期も、県内で観光客を迎え入れるのに十分な宿がなく、夜には隣県に観光客が流れてしまっています。

 

本記事では、せっかくの阿波踊りの時期に宿が取れないという方に向けて、代替の宿をどう取るかについて提案させて頂きます。

民泊サイトを利用する。

最近時、空き家を宿泊施設として貸し出す民泊サービスの規制が緩和されてきています。

 

当然ですが、徳島県も民泊を利用できます。
徳島県も空き家がたくさんあるので、どんどん皆さんに民泊を利用してもらって宿不足解消に繋げるべきだと思っています。

 

大手の予約サイトだと、Airbnbなどがあります。

 

もちろん、ホテルほどのサービスを期待してはいけませんが、
夜寝るだけなら、こういった民泊サイトを利用するのはアリだと思います。
良いホストさんに恵まれると、旅の良い思い出になるかもしれません。
(シェアルームに抵抗のある方は辞めておいた方が無難です)

 

ちなみに、一点注意点がありますが、徳島県は公共交通機関が全然発達していません。笑
車、もしくはレンタカーを利用しなければ、移動が厳しい場所がありますのでご注意を。

隣県の香川県の宿を利用する。

徳島県の徳島駅と香川県の高松駅は鉄道で結ばれています。

 

香川県の高松市は徳島県より、宿泊施設が整っています。
香川県は「讃岐うどん」や「金比羅山」などの良い観光資源があるので、香川県の宿泊施設を利用すれば、徳島県と香川県の両方を楽しむことができます。

 

(電車ではなく、汽車なのですが)終電は22:02以降の列車はないので、注意が必要です。
本数も少ないので、混雑も容易に予想されます。

 

また、他県の宿泊施設を利用する際は、「南内町演舞場」で22:00から始まる「総踊り」は見れないので、こちらも注意が必要です。

 

その他にも、岡山へも行くことができます。(高松市から岡山まで鉄道が通っています)

 

また、高速バスを利用して、神戸や大阪の宿を利用することもできます。

 

行きたい場所に合わせて、県外の宿を利用すれば一石二鳥ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 阿波踊りを知る 阿波踊り鑑賞時の注意点 お得な情報 昼間の徳島の楽しみ方